ピンキープラス 副作用

ピンキープラスは副作用があるの?副作用を発生させる4つの要因

ピンキー

 

ピンキープラスには副作用はありません!

 

最近、口コミなどで、「ピンキープラスで副作用がでた」と書いている人がいるみたいです。

 

プエラリアが配合されたバストアップサプリでは副作用が出るという話は有名です。
ピンキープラスにはプエラリアが入っていませんが、副作用がないのか心配な方が多いみたいです。

 

☆ピンキープラスは副作用がありません!

 

ピンキープラスはプエラリア配合のバストアップサプリと比較すると、副作用が出にくく、安全性が非常に高いサプリだと言われています。

 

バストアップサプリを飲むと副作用が出ると言われているのは、プエラリアという成分が関係しています。
プエラリアはイソフラボンが豊富に含まれていて、その働きは女性ホルモンに作用するものなのです。でもその作用の仕方が強力で、目安を守って飲んでもホルモンバランスを崩して、副作用が出てしまうことがあるそうです。
また、プエラリアは植物なのですが、種類によっては毒性があるものがあるそうです。

 

ピンキープラスはそういった副作用が出ないようにプエラリアを使っていません。
ピンキープラスはプエラリアの代わりに、プエラリアほど強力ではありませんが、ブラックコホシュという同じような作用がある成分を配合しています。

 

ブラックコホシュはホルモンバランスを崩すことはなく、むしろホルモンバランスを調節する作用があるので、目安を守って飲めば、ホルモンバランスが崩れることがなく、むしろ崩れないように調節してくれるのです。

 

だから、ピンキープラスは副作用が無いと言われているのです。

 

でもピンキープラスでも副作用が起きることがあるので注意してください。

 

☆副作用を発生させる4つの要因

 

いくら安全性の高いピンキープラスでもあることをすると副作用が出てしまう可能性があります。

 

  • 過剰摂取
  • 妊娠中・授乳中の服用
  • 飲酒後の服用
  • 生理中の目安限度の服用

 

これらをするとピンキープラスでも副作用が出る可能性があります。

 

ちなみに副作用の症状は、生理不順、体調不良、不正出血、片頭痛、腰痛等があげられます。

 

プエラリアのサプリと副作用の症状は同じですね。

 

ピンキープラスを過剰摂取すると、女性ホルモンが増えすぎてしまって副作用が起きる可能性があります。
ブラックコホシュにホルモンバランス調整の作用があるといっても規定量を超えてしまうと意味がないし、沢山飲んだからと言ってバストアップすることは無いし、健康被害があることを考えると、まったく意味がないので絶対やめましょう。

 

また、妊娠中や、授乳中はちょっとしたことで体調を崩しやすく、ピンキープラスには飲んで流産するような効果はありませんが、起因になってしまう可能性があります。
妊娠中や授乳中に薬が飲めないのと同じようにピンキープラスも飲むことができません。

 

また、お酒を飲むのもホルモンバランスに影響を及ぼします。その状態でピンキープラスを飲んでしまうと、副作用が出てしまう可能性があります。
お酒の後に薬を飲んではいけないように、ピンキープラスも飲んだら危険だと言えます。

 

ピンキープラスは生理中でも飲み続けたほうがいいのですが、2粒を飲むと、生理中という不安定な時期はホルモンバランスを崩す可能性があるので、1粒に減らして飲んだほうが良いと思います。
もしそれでも副作用を感じたら飲むのをやめましょう。

 

これらを守って副作用を回避していきましょう。

 

副作用の心配がないピンキープラスはこちら!